世界との万有引力
鎖国の時代に生まれず、この恵まれた時代に。『なら行かないでどうする!』と決意。今日も万有引力は俺と地球の間で引き合う。大学生の世界一周撮影記。
blog3_20100421044602.jpg IMG_8640_20100421035819.jpg blog.jpg

2009年9月22日に日本を出発!!

西カナダ⇒西アメリカ⇒東海岸

⇒メキシコ⇒欧州⇒メキシコ⇒イースター島⇒ブラジル

⇒ボリビア⇒アルゼンチン⇒パラグアイ⇒ぺルー

⇒イギリス⇒フランス⇒オランダ⇒ベルギー⇒ドイツ

⇒イタリア⇒スイス⇒ハンガリー⇒チェコ⇒東欧

⇒ヨルダン⇒エジプト⇒ケニア⇒イスラエル⇒台湾

⇒香港⇒マカオ⇒タイ⇒そして帰国・・・

ロンドンで、すべての荷物(写真データ含む)を失い、

飛行機でロストバッゲージに遭い

ブラジルでカメラとパソコンを再度取られ、

路頭に迷いかけたけど 

無事帰国しました!!

勝手に独断と偏見から、

『日本から苦労してでも、

      もう一度来たいランキング更新中↑↑↑』

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超有名人の生まれた国へ
遅くなりましたが、


あけましておめでとうございます




昨年は、いろいろあった一年でした。

今年も、いろいろなことに挑戦していこうと思います。

なんとも、抽象的過ぎる挨拶ですね。


いやぁ。前回のアフリカ・ケニア編から随分、空いてしまった。



IMG_5857.jpg


アフリカ大陸から戻ってきて、再度、中東へ。




ヨルダンは、前回、いろいろと見たんでね。


お隣の国に行きたいなぁと。



その名も、





   イスラエル





危ないんじゃないか?と思った人おると思う。



けど、それは、ガザ地区の影響じゃろう。



ガザ地区は、イスラエルの中にあって、

ハマースと呼ばれる団体が統治する地区。

主に、そのハマースとイスラエルが戦争を激化させていた。

そして、イスラエル軍が侵攻するのが、ガザ地区。



確かにガザ地区にまで足を延ばすのは、危険すぎる。

けど、イスラエル首都のエルサレム周辺だけなら

危険じゃないと言われとる。



もちろん自己責任じゃけど。




てか、誤解されとるかもしれんけど、



中東=危険


ってのは、どうかと。


かんぺーさんも言いよったように、


中東の人たちって、ものすごく良い人ばっか。


レバノン・シリア辺りなんか、良い人過ぎるなんて話も。


欧州からトルコに渡って、

そこから陸路で、中東を下ってくる人にとっては、



まさに オアシス





さて、そんなイスラエル入国。





実は問題がある。




実は、近隣諸国のレバノンやシリアと、イスラエルは、




超~~



仲が悪い。







どれくらい仲が悪いかというと、


レバノンやシリアなど側⇒

『イスラエルに行ったことがある奴は、うちの国には入れないぞ』



イスラエル側⇒

『シリア・レバノンに行ったことある奴らは、怪しい。スパイ?』


っていう感じ。

※完全にイメージ込みなんで、あしからず。



つまり、

イスラエルへの入国スタンプがあれば、

レバノンやシリアには、そのパスポートでは、入国不可能




レバノン・シリアなどの国のスタンプがある状態で、

イスラエルへ入国しようとしたら、


2~3時間の尋問コースか、

完全入国拒否。


という結果。





なるほど・・・


俺は、今回、

シリア・レバノンに行ったわけでもなく、

行く予定もないけぇ、

入国スタンプ押されてもいいわけじゃけど、

この10年パスポートで、

もし、いつかシリア・レバノンなんかに行くときは、困るわけだ。






そんな人が、このイスラエル入国時に使う手が・・・






『プリーズ!! ノースタンプ!!』





そう、入国スタンプを押さない。

入国した事実を、パスポートに残さないという手。

(正確には、別紙にスタンプを押してもらう)




そうまでしないと、

イスラエルと、シリア・レバノンの両方には

現在は行くことができん。









そんなイスラエル入国へ  いざ!!




IMG_5877.jpg

イスラエルのお金もすでに換金済み。準備万端!

(こんなカラフルな紙幣もなかなかない)





このときは、日本人3人で、挑む。


1週間前には、

日本人6人全員がスタンプを押されたり、

入国拒否になった人も、最近おる

なんて噂が入ってくる。






さて、緊張の入国審査へ。



パスポートを渡す際に、

「プリーズ、ノースタンプ・・・」






もちろん、イスラエル側としても、

ノースタンプなんておかしいわけで、

いろいろ理由なんか聞かれる。




俺の場合は、事前情報と照らし合わせたり、

考えた結果、

正直に言うことに決めていた。



「いつか、シリアやレバノンにも行ってみたいと思っているんだ。

だから、お願いだよ。」



と。








もちろん他にも、いろいろ聞かれた。

連れの女の子は、いきなり祖父の名前を聞かれたらしい。

(突然過ぎて、わからんくて。笑 

    『忘れた』って言ったらしい。笑)


俺たち二人は、それほど、何もなく通れた。

しかも・・・





IMG_5868.jpg


こんなオチャメな文字で。MAKOTって。笑




言い忘れたけど、



この国境の審査官は、なぜだか・・・・



みんな女性。

しかも若くて、

超美人。




『アジアで一番女性の綺麗な国は?』

と聞いたら、インドとイスラエルは、必ず出てくるじゃろう。



そんな美人審査官に3時間の尋問コースに当たったのが、

もう一人の連れの男の子。




彼は、シリアなんかに入国済みじゃけぇ、

わかりきっとったことじゃけどね。

待つ側としては、不安よね。

強制入国拒否なのか、尋問だけなのか、

まったく連絡取りようがないわけじゃけ、わからん。






美人に尋問を受けた幸せな(?)彼も無事入国してきて、

俺たち3人は、なんとか首都エルサレムに向かうことができた。





IMG_5869_20101202194932.jpg

唯一手元に残った紙。

なんて書いてあるんじゃろ??




IMG_5871_20101202194948.jpg

イスラエルにあるコーラ的なもの




無事到着してからは、エルサレムの街並みを

IMG_5878_20101202195023.jpg




IMG_5879_20101202195039.jpg

城壁がぐるっと街を囲む




IMG_5880_20101202195054.jpg



そういえば、前回の日記で、


次回の国は、超有名人の生まれた国だと言ったけど、

その有名人は誰か・・・



もうわかるよね。



世界で一番有名人。

世界で一番普及しとる本の主人公。



そう、彼です。



イエス・キリスト







世界を回って来ました。



北米も南米も欧州も、


キリスト教会で溢れとった。


そのキリストが


生まれた国についに到達。



ここからすべて始まったんじゃね。




俺、キリスト教信者ってわけじゃないんじゃけど、

あんだけ各国で教会を、『一応』見とると、

愛着ってのは、自然と湧いてくるんよね。




さて、そのイエス・キリストが、


あの有名な磔にされたのも、ここエルサレム。



ゴルゴタの丘で磔にされるまで、イエス・キリストが



通った道というのが存在する。



それが、この。



ヴィア・ドロローサ(悲しみの道)

IMG_5882_20101202195130.jpg





IMG_5887_20101202195145.jpg

自分が磔になる十字架を担ぎながら歩いたという道


IMG_5893.jpg




IMG_5897_20101202195251.jpg






そんな悲しみに満ちた道の近くにある

IMG_5903.jpg

マリアが生まれたとされる教会へ





そこで、


見たものとは!!!!





IMG_5898_20101202195307.jpg


こ・・・・これは・・・!!!





IMG_5899_20101202195323.jpg

秘密結社  フリーメーソン・・・



なぜ、こんなところに・・?



謎が多い、エルサレム。





次回は、エルサレムで一番の夕日をお送りします。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ お待たせしました。 このブログも早く日本に帰りたいと思います。



世界一周ブログランキング参加中です!クリックで応援お願いします!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
出るとき
私がイスラエルに入国した時、やっぱりスタンプは押さないように頼みました。
何の問題もなく、スッと入れたのですが、出国の時が厳しかった。
荷物検査も何度かあり、ホテルで普通にもらえる地図をまるでスパイの書類のように調べたり質問されたりしました。「これは何だ!?」と言われても「地図」しか答えようないですよねえ。
怪しい場所にマークしてたわけでもないし。
もしかしたら顔に「パレスチナ側の味方だ。」と書いてあったのでしょうか(確かにそうですが)。
アラブ系の食べ物が好きだという理由だけではなくてね(笑)。
これ読んだモサドに狙われたらどないしよ。
2011/01/07 (金) 13:19:51 | URL | hatsumina #/BhULoBA[ 編集]
hatsumina さんコメントありがとうございます!!
なるほど~地図にマークが怪しいと思われるんですねぇ!
おもしろい!!
パレスチナに関して、調べれば調べるほど、
味方したくなりますね。
まだ、僕は、どっちの味方なんて言えるほど、事実を知らないので、
もっと、勉強したいです。

2011/01/10 (月) 14:13:52 | URL | まこっちゃん&幡ぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界との万有引力 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。