世界との万有引力
鎖国の時代に生まれず、この恵まれた時代に。『なら行かないでどうする!』と決意。今日も万有引力は俺と地球の間で引き合う。大学生の世界一周撮影記。
blog3_20100421044602.jpg IMG_8640_20100421035819.jpg blog.jpg

2009年9月22日に日本を出発!!

西カナダ⇒西アメリカ⇒東海岸

⇒メキシコ⇒欧州⇒メキシコ⇒イースター島⇒ブラジル

⇒ボリビア⇒アルゼンチン⇒パラグアイ⇒ぺルー

⇒イギリス⇒フランス⇒オランダ⇒ベルギー⇒ドイツ

⇒イタリア⇒スイス⇒ハンガリー⇒チェコ⇒東欧

⇒ヨルダン⇒エジプト⇒ケニア⇒イスラエル⇒台湾

⇒香港⇒マカオ⇒タイ⇒そして帰国・・・

ロンドンで、すべての荷物(写真データ含む)を失い、

飛行機でロストバッゲージに遭い

ブラジルでカメラとパソコンを再度取られ、

路頭に迷いかけたけど 

無事帰国しました!!

勝手に独断と偏見から、

『日本から苦労してでも、

      もう一度来たいランキング更新中↑↑↑』

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネロが最後に見た大聖堂をほんの少し・・・
IMG_0718.jpgIMG_0719.jpg


これは、前回のネロが、見たかったルーベンスの

キリスト昇架と降架の2枚の絵


ベルギーで、当時の日本のアニメを見れたんじゃけど

(↑すごいことよね。笑)


思いっきり、この絵が描写されとる。

著作権とか心配なくらい思いっきり描かれとった。笑



実は俺、

ネロがルーベンスの絵を見たかったことは覚えとったけど。

どんな絵だっけ?

って完全に忘れとった。

IMG_9471.jpg

『ルーベンスと大聖堂』





てか、

「アニメ中には、描かれてなかったよな。」

なんて勝手に想像しとった。






こうして見ると、意外にリアル・・・


というか生々しい絵じゃね。



見る前は、

「風景画だっけ」とか思いよったのに。











その絵が置いてある大聖堂内部をもう一度。




IMG_9481.jpg

欧州の教会は、ステンドグラスが凄いわ。

南米もでかい教会はたくさんあったけど、

ステンドグラスのレベルの高さには度肝抜かれる。




IMG_9494.jpg

教会入ったら、この絵の数・・・

え?2枚だけじゃないの?って・・笑


でもどれがそれかすぐわかった。






IMG_9499.jpg

なんと、第二の故郷・神戸と姉妹都市じゃないか!






ここで、

おそらく 本邦初公開!!!




IMG_9533.jpg

ネロと同じ視点で!!


どうでもいいね。

当時は、照明器具なんかなかったはず。(焦)







もういっちょう、ルーベンスの傑作


IMG_9542.jpg

『聖母被昇天』



聖母マリアが、天に召される様子を描いたもの







IMG_9545_20100804172503.jpg




教会によって、カメラ禁止のところもあるけど、ここは大丈夫じゃった。

もちろん、バシバシ撮りよるわけじゃないよ。ほどほどにね。

脱帽で。






IMG_9548.jpg

ちっちゃい晩餐発見!!





IMG_9567.jpg

こういう人たちを、修復士っていうんかね?

過去に朽ちたものに、

命を吹き込む仕事。

カッコイイ!










キリストの十字架処刑に向かう姿が描かれたもの


IMG_9593_20100804172604.jpg


ここにも、物語があるんじゃろね。


ちょい調べてみた。(引用)

2、十字架を背負い 1、イエスが裁かれ



IMG_9594.jpg

4、母マリアがそれを見て 3、倒れ


IMG_9595.jpg


6、ヴェロニカが絹のハンカチで顔を拭い(そのハンカチにキリストの顔が浮き上がった)  5、別の者が十字架を背負い 






IMG_9596.jpg


8、女たちと語り、※  7、また倒れ

※「エルサレムの娘たちよ、私のために泣くな。

あなた方自身のため、自分の子供達のために泣くがよい・・・」 


IMG_9597.jpg

9、三度目に倒れ 


IMG_9598_20100804172659.jpg

10、ゴルゴタの丘で衣服を剥ぎ取られ


IMG_9599.jpg

11、十字架に釘づけにされる。
「父よ。彼らをお赦し下さい。・・・」 



IMG_9600.jpg


12、そして絶命する 




IMG_9601_20100804172803.jpg


13、十字架から降ろされた遺体をマリアが受け取り 


IMG_9602_20100804172803.jpg


14、ヨセフが亜麻布で包み、墓に納めた。






す・・すごいなぁ。


この説明文は、全然違うところから引用してきたのに、

完璧にこの絵と合っとる。



そりゃそうか。聖書が同じなら、そうなるか。

って、理屈ではわかるけど、ホンマに凄いこと。


南米でも、少し雰囲気は違えど、

同じこと。


簡単な例を言うと、

十字架のキリストには、必ず

手の甲・足の甲・右脇腹に傷がある。


これは、絶対。


どっかに左脇腹に傷のキリストとかおらんのかね、

と思って、毎回チェックするけど、毎回右脇腹。



ホンマ、世界で一番出回っとる本が、聖書だ。


っていうのは、頷けるわ!



中東・アジアは、また違った宗教になるんじゃろねー



世界を回る上でも、切っても切れん。


宗教というもの。




まぁ、俺も、外人に広島教えるときは、

厳島神社をゴリ押ししよるんじゃけどね。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ 今日は完全にキリスト教ネタになってしまった。

でも、ホンマ、思うのは、キリスト教についてもうちょい勉強したら、

絵や像の意味がわかって、面白いんじゃろね~




今日は、原爆記念日。

時差があるけぇ、ズレとるけど、黙祷。

広島は、本当に、有名な県なんだと外に出て知った。

もっと自国について知らんといけんわ。

自国におりながらじゃないと、知れんってわけじゃないけど。

1年に一日くらい戦争・平和について思いを巡らす日があるのは

この地球に住む一人間として普通のこと。

自分にとってはそういう日。

世界一周ブログランキング参加中です!クリックで応援お願いします!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界との万有引力 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。