世界との万有引力
鎖国の時代に生まれず、この恵まれた時代に。『なら行かないでどうする!』と決意。今日も万有引力は俺と地球の間で引き合う。大学生の世界一周撮影記。
blog3_20100421044602.jpg IMG_8640_20100421035819.jpg blog.jpg

2009年9月22日に日本を出発!!

西カナダ⇒西アメリカ⇒東海岸

⇒メキシコ⇒欧州⇒メキシコ⇒イースター島⇒ブラジル

⇒ボリビア⇒アルゼンチン⇒パラグアイ⇒ぺルー

⇒イギリス⇒フランス⇒オランダ⇒ベルギー⇒ドイツ

⇒イタリア⇒スイス⇒ハンガリー⇒チェコ⇒東欧

⇒ヨルダン⇒エジプト⇒ケニア⇒イスラエル⇒台湾

⇒香港⇒マカオ⇒タイ⇒そして帰国・・・

ロンドンで、すべての荷物(写真データ含む)を失い、

飛行機でロストバッゲージに遭い

ブラジルでカメラとパソコンを再度取られ、

路頭に迷いかけたけど 

無事帰国しました!!

勝手に独断と偏見から、

『日本から苦労してでも、

      もう一度来たいランキング更新中↑↑↑』

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さまざまな顔を見せる街・アムステルダム



IMG_7689.jpg

ヤーーー





ってことで、アムステルダムの街巡り後編!!




IMG_7475.jpg

珍しいものその1

ハンバーガーの自販機!

おいしくなさそう!

実際、微妙じゃった。






IMG_7484.jpg

珍しいものその2

女性の馬上警官!

なんで、欧州には、

この馬の警官見回りの伝統がどこにでもあるんじゃろね。


そして、いまだに続けとる。


やっぱり観光客向けなんかな。

犯人を追って、全力疾走しとるところなんか見たことないしね。

ただ、この警官たちが、行く道の後ろには、

馬の糞が垂れ流しじゃし、

正直「これ、警官は掃除せんよなぁ」と思いつつ。

旅行客のために、警官が景観、汚しちゃあダメじゃろ。
ダジャレじゃないよ。









IMG_7502_20100721015636.jpg

IMG_7503.jpg

意味不明





IMG_7550_20100721020152.jpg

お母さん『私の息子よ!危ない!頭ぶかるわー』

IMG_7551_20100721020151.jpg

いや、全然大丈夫じゃろ。








IMG_7691.jpg

IMG_7693_20100721020827.jpg






IMG_7717.jpg

こうやってカバンを先っちょに引っ掛けとるのをよく見かけた。

???







IMG_7732.jpg

ベスト オブ 季節外れ




IMG_7739.jpg

IMG_7742.jpg



IMG_7754_20100721021225.jpg

貼りすぎじゃないかい?



IMG_7827.jpg

中くらい って。アバウト 笑



IMG_7830.jpg

この買い物カゴ、コロコロ転がすタイプ。

超~楽!

日本にも増えたらいいのに。


でも、これはいいパターン。


イギリスとかで見たのは、

取っ手が2個じゃなくて、1個のやつ。

わかるかね?

日本は、取っ手が2つで、しっかり固定できるけど、

1個じゃと、ぷらんぷらん動いて持ち辛すぎた。


     
       
         
■■■■■■■■
■■■■■■■■
■■■■■■■■


じゃなくて、

     ┃
     ┃
     ┃ 
■■■■■■■■
■■■■■■■■
■■■■■■■■

 
ってこと。。。


伝わった???












さて、

このアムステルダムには、


IMG_7817.jpg

そう、アンネフランクの隠れ家があった場所。



時は、

ナチスによるユダヤ人大虐殺があった時代。


それから逃れるため、

フランク一家は、意を決して、隠れ家生活をはじめた。



実は、前回、アムステルダムに来たときには、スルーだったこの場所。

でも、南米でアンネの日記を旅行者から借りて読んだ俺は、

行かんといけんじゃろ。



アンネの日記読んだ人、そんなに多くないとは思うけど、


俺は、さぞ悲惨なことが書かれた日記なんじゃろなー


と思って読んでみると・・・



そんなことない。

いや、そんなことないは言いすぎか。


なんというか、普通の中学生くらいの女の子の日記。


そりゃそうか。


確かに、隠れ家生活で、

『~時以降は音を出しちゃいけないから、
        トイレも流せなくて大変』

とか、当時の大変な状況を綴っとるとこもあるけど、


大半は、アンネの心の変化

同居しとった同年代の男の子と恋をしたり

お母さんとソリが合わんかったり、

同居のおばさんが腹たつとか、

姉ちゃんは出来すぎるとか。

性の悩みや、興味。



なんか、ほっとした。

そして、これが、リアルなんだなと感じた。


そりゃそうよね、公表されること前提の小説じゃないもんね。

(戦時途中で、ユダヤ人の日記などが公表される可能性がある

という知らせを聞いて、アンネ本人も、少し意識して書いとる部分もあったけど。)




そして、当たり前じゃけど、

本当に、途中の途中で、いきなり日記が終わる。



この、終わり方がリアル。

心に突き刺さる。


読む前はなんとなく、『そろそろ危ないかも』とか

っていう記述があるんかと思っとったけど、

そんなん全然ない。


そのとき(強制収容)は、突然訪れたんじゃなと思って。





アンネの日記の完全にネタバレでごめんね。

ぜひ読んでみてください。






IMG_7818.jpg

えーーーと。。内部は撮影禁止です。

隠れ扉。これだけ・・・









にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑↑↑ 今日も、たくさん歩いたよ!!最近、腰回りが太くなった気が!

次回は、ついにアムステルダムの夜の街へ!

世界一周ブログランキング参加中です!クリックで応援お願いします!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界との万有引力 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。